軽自動車やコンパクトカーの企画や開発などは、女性の考え方や女性視点のものの考え方が重要です。

自動車の商品企画・開発の仕事を目指すなら

MENU

商品企画・開発

 

会議

 

自動車の商品企画・開発に関する仕事は、まだ世に出ていない新しい形の自動車を企画したり、新しい性能を搭載した自動車を開発することが仕事です。

 

主にトヨタや日産、スズキなど国内の大手自動車メーカーなどで新しい車を開発したり、関連会社でエンジンやトランスミッション、ハイブリッド電池やモーターなどを開発する技術職があります。

 

特に最近ではハイブリッドカーやクリーンディーゼル車など、環境性能や燃費性能に特化した車づくりが求められておりより低燃費に環境に良い車を開発することが求められています

 

また近年、自動運転技術やコネクテッドカーといった次世代技術がどう搭載されていくかということにも注目が集まっており、自動車メーカーにおける商品企画や開発には優秀な人材が強く求められています。

 

上記にも記載した通り、自動車の商品企画・開発とひとくちに言っても、自動車そのものの開発であったり、エンジンやハイブリッドモーターの開発であったり、車両や材料の開発であったりと多岐にわたります。

 

自動車メーカーにおける商品開発は、それまでの実績の積み重ねや従来のモデルをいかにより良く、より売れる車にリニューアルするかという考え方で臨むことも多く、例えば日産の高級セダンシリーズを新しくモデルチェンジするときに女性スタッフの意見を取り入れて女性ユーザーの支持を勝ち取るような車を開発した例もあります。

 

商品開発にはこういった自分ならどういう車が必要か、どういう機能があれば便利か、パワートレインは今のままで必要十分だろうかなど市場にニーズをいかに分析して具現化していくのかということが重要になってきます。

 

駆動方式やサスペンションの構成、材料やシャシーなどの折衝なども大切なポイントになってきます。

 

特に軽自動車やコンパクトカーの企画や開発などには女性の考え方や女性視点のものの考え方が重要だといわれています。

 

自動車メーカーで商品企画や開発を目指すなら女性であることの強みをアピールしてはいかがでしょうか?