自動車業界の中でも、特に転職しやすい業種をピックアップしました。

自動車関連の仕事は他業種からでも転職しやすい?資格なし・未経験OKの職種

MENU

他業種から転職しやすい自動車関連の職種

自動車関連の職業は、一部で従業員の半数以上が他業種からの転職組になっている事例があります。
業種別にどのような人が働いているのか?
選考の基準などの事例を添えながら、転職しやすい自動車関連の職種をまとめました。

 

 

営業マン

 

ディーラー中古車販売店買取専門店などの営業マンは特別な資格が必要ありません。
中古車査定士や損害保険募集人など必須資格は、就職してから会社負担で取得できます。

 

会社の規模や人気度合いによって異なりますが、営業マンは第二新卒と呼ばれる若い年齢であれば過去のキャリアを問わず採用されるチャンスが大きいです。
30歳以上になると、営業や接客系などの職業で相応の実績を残していることが望ましくなります。

 

ただし、営業マンの採用は人柄重視で選考している会社が多いので、面接まで辿り着けば年齢やキャリアに関係なく転職できる可能性があります。

 

 

ドライバー系

 

並ぶ長距離トラック

免許さえあれば、前職に関係なく幅広い仕事に就けます。
大型トラックのドライバーは、転職活動中に自腹で免許を取得して転職する人の比率が高いです。

 

タクシーやバスなどの2種免許は、新人を対象にした資格取得支援制度を活用できるケースがあります。
40代以上から転職する人が多い職種ですので、興味がある方は求人や各業種の口コミ情報をチェックしてみてください。

 

 

補助業務

 

事務職、洗車スタッフ、誘導員など脇役と呼ばれる存在は他業種からでも簡単に転職できます。
正社員で中途採用する求人は少ないですが、自動車関連の仕事はアルバイト勤務から正社員になれるケースがあります。

 

 

ルームクリーニング

 

車内を磨く職人の腕

ルームクリーニングは車の知識が不要です。
一見、需要が低そうな仕事に見えますが、中古車販売店からの依頼がたくさんあります。

 

1人前になれば独立して稼ぐことも可能。
丁寧な仕事と人脈さえあれば仕事をたくさん獲得できます。

 

 

ディーラー等の取引先

 

タイヤ屋、ガラス屋、部品の卸業者などディーラーや整備工場の取引先になるような職種は、他業種からの転職組が多いです。
好条件の求人は少ないですが、安定している会社が多いですよ。

 

 

製造系

 

工場での作業や工場敷地内で行う製造に携わる仕事は未経験歓迎の求人がたくさんあります。
大手自動車メーカーは期間工と呼ばれる住み込みの契約社員を大量に募集しています。

 

 

整備系は未経験から転職できる?

 

整備士をはじめ専門学校に通って取得しないといけない資格が求められる職種は、他業種から未経験で転職するのが困難です。
大型トラックドライバーとは異なり、資格だけあっても実務経験がないと採用されにくいことを覚えておきましょう。

 

自動車検査員については、必須資格ではないですが整備士2級以上の資格を応募条件にしていることが多いです。
なお、オートバックスなど部品量販店や整備に力を入れているガソリンスタンドであれば、アシスタントとして整備関連の仕事に携われるチャンスがあります。
整備系専門学校を卒業した実績がなくても、実務経験を積めば整備士3級を取得して整備の道へ進んでいくことが可能です。

 

 

職人系の仕事について

 

  • 板金塗装
  • ポリマーコーティング
  • オーディオチューン
  • ラッピング

 

こうした職人系の仕事は、整備士からの転身や趣味から始めて独立開業する方が多いです。
ノウハウがない方はアルバイトなどを通じてスキルを身につけるとよいでしょう。
職人系の仕事はセンスを求められます。誰にでもおすすめできる職種ではないですが、手先が器用で細かい作業が好きな方におすすめです。